療養型病院での看護業務を通して

暮らし・看護ともに経験を積んできた看護師さんは、職場の影のリーダーとして存在感を放ちます。

新人やリーダー格に昇進したばかりの看護師にとって、心の支えにもなっているはずです。

これかれもずっと療養型病院に勤務して多くの患者を看護していきたいと思っている方がいると思うのです。
その病院で実績を積んでいる看護師は、患者が抱えている症状にいち早く気づける程のエキスパートである場合が考えられます。
いかにも患者の全てを知り尽くしているように感じさせます。

療養型病院は、その名の通り療養が必要な患者が多く入院するのではないかと思い、看護師は、そうした患者のために持てる限りの看護の力を活かそうとすることでしょう。看護の甲斐があって健康に近づいていく患者の姿を見るにつけて、自分の看護の素晴らしさに惚れ込んでいくのではないかと考えられて、療養型病院で働くことの意義を高めていくのではないかと考えられるのです。療養型病院を自分の居場所として意識するようになる看護師がいると思い、看護師として成長していくための必要な所だと捉えているかもしれません。
 
療養型病院が自分を形作っていることを実感している看護師がいると思います。その病院で勤続年数を重ねて充実した看護師ライフにしているのが窺えて、高い看護スキルを活かして多くの患者に安らぎを届けているのだろうと考えられるのです。療養型病院の顔となるように看護業務を精力的にこなしている看護師は、その病院での看護業務を通して看護の道を突き進んでいくと思い、その病院に骨を埋めるつもりで仕事をしていく可能性が考えられます。看護師は容態が安定した患者の姿を見るにつけて、このまま快方に向かってほしいと思っていることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です